公益社団法人 栃木県防犯協会

栃木県防犯協会

防犯協会について 協会概要

設立目的

公益社団法人栃木県防犯協会は、犯罪の防止や青少年の健全育成、風俗環境の浄化等の諸活動を推進し、安全で安心な地域社会を実現することを目的としています。

設立経緯

当協会は、上記の目的を達成するため、昭和34年に設立されましたが、昭和60年5月1日に社団法人としての設立許可を受けました。
その後、昭和61年6月12日に、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」に基づき栃木県公安委員会から「栃木県風俗環境浄化協会」の指定を受け、各種防犯対策に合わせ風俗環境の健全化に向けた活動を推進しています。
また、平成25年4月1日に、公益法人改革制度に基づき「公益社団法人」へ移行しました。

組織・会員

当協会は、県内の概ね警察署単位に設立された16の地区防犯協会を「正会員」とし、本会の目的に賛助して協力する団体を「賛助会員」として組織しています。
地区防犯協会には、市町村単位の防犯団体、職域防犯団体が加入しています。
更に、地域における防犯活動をキメ細かく行うための拠点として「防犯連絡所」があります。
各地域には、「少年指導委員」その他、青少年の健全育成及び非行防止のためのボランティア組織があります。
防犯協会は、これらの団体やボランティアの人々と連携しながら、地域に密着した活動を行っています。